ついに、我が家に鯉のぼり!ベランダが小さいのに飾れた理由!?

鯉のぼり ベランダ 小さい

 5月5日の子どもの日といえば、

「こいのぼり」ですよね!

 

風を受けて気持ちよく泳ぐ鯉のぼり!

初節句で子どもにプレゼントしようと

思う方も多いのでは?

 

でも実際には飾りたくても、

うちはベランダが小さいからなぁ…と、

鯉のぼりを飾ってあげるのを

なんとなく躊躇してしまいますよね。

 

私も子供のころ、

集合住宅に住んでいたので

こいのぼりが飾られている家を

見ると、とても羨ましく感じました。

 

でも、せっかくの端午の節句!

子どものために、お外に鯉のぼりを

飾ってあげたい!!

 

ということで、今回は

ご自宅のベランダに安心して

飾れるようにポイント

わかりやすく、ご紹介したいと思います!!

 

 

SPONSORED LINK



ウチに合うサイズはあるの!?

 

鯉のぼり ベランダ 小さい

 

うちのベランダは小さいからなぁ、

と鯉のぼりを飾ることを

諦めてしまう方もいらっしゃるのでは?

 

ベランダ用の鯉のぼり

サイズは1~2mほど。

しっかり設置すれば、

安心して飾れますよ!!

 

ここで重要なのが

目的を何にするか?です。

 

ご自宅のベランダに合ったものより

大きいのを買ってしまうと

設置が大変ですし、

片付けも面倒になります!

 

それでも少しでも立派な鯉のぼりがいい!

という方は、大きいのでいいと思います♪

 

逆に多少小さくても、

コンパクトで安価なものでいい!という方

それでいいんです♪

 

ご自分や子どもの意見を取り入れて

ベランダによく合う鯉のぼりを

見つけましょう。

 

それから固定金具がベランダに

取り付けられるか、しっかりと

確認しておくのも

忘れないでくださいね♪

SPONSORED LINK

 

設置後に、風を受けて泳ぐ

鯉のぼりを見ると、

子どもはもちろん!

 

飾った自分まで、

嬉しくなっちゃいますよね♪

 

 

知らなかった!?大切なのは…!?

 鯉のぼり ベランダ 小さい

 

屋外で飾る鯉のぼりの素材には

ナイロンポリエステルがあります!!

 

まず、ポリエステル製

鯉のぼりの特徴ですが、

ナイロンと比べて…

 

【メリット】

 

1 色褪せてくるのが遅い

2 しわになりにくい

3 強度があって軽い

 

【デメリット】

 

1 価格が高い

 

といったところです。

 

今度は、ナイロン製の

こいのぼりの特徴ですが

ポリエステルと比べて…

 

【メリット】

 

1 価格が安価

2 摩耗に非常に強い

3 汚れが落ちやすく乾きやすい

 

【デメリット】

 

1 色褪せ、型崩れしやすい

 

といったところです。

 

なので、何年も飾りたい

ずっと大事にしたいって方

ちょっと高価なポリエステル製の鯉のぼり。

 

まずは、お試しで買ってみようかな?とか

多少の色褪せは気にならないし、

数年飾れたらいいかなって方は

ナイロン製の鯉のぼり。

 

と自分に合った素材を

選択するといいでしょう!

 

 

まとめ

 

 1.子どもの意見を取り入れつつ、
   目的に合ったこいのぼりを選ぼう。

 2.こいのぼりを何年使うか想像してみる。

 

この2つを意識して、こいのぼりを

選ぶといいと思います!

 

ベランダに飾った鯉のぼりを見ると

嬉しくなること間違いなし!

子どもに最高のプレゼントをしましょう♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
鯉のぼり ベランダ 小さい

 

 追 伸 :

自動で最新記事を受け取りたい?

では今すぐ左下にメールアドレスを記入して

下の”購読する”ボタンをクリックして下さい:

\最新号をあなたにお知らせします!/

配信: FeedBurner

 

 

 追 々 伸 :

最後まで読んでくれて本当えらいです! 今日も明日も楽しい1日を過ごしくださいね。

そしてそんな素敵なあなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように。

いつもこのETBをご購読&応援クリックいただき本当に感謝してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)