お花見の風習は外国にも!?日本各地の歴史からデートスポットまで紹介

お花見 風習

の時期にはお花見をするのは、

今では定番の行事です。

 

気になるのは、

日本各地ではどのようなお花見の風習があるのか?

 

お花見って日本以外ではないのか?

SPONSORED LINK

 

日本以外の国でも桜がある国だと、

お花見という風習がないのか?

 

今現在ではお花見は当たり前ですが、

いつからお花見という風習が始まったのでしょうか?

 

彼氏と彼女でデートをしたいでしょう。

 

お花見をしながらデートができるスポットも紹介します。

 

 

日本各地のお花見の風習は?

 

お花見 風習

 

桜が咲く季節になると、

日本人がやることがあります。

 

その日本人がやることと言えば、

お花見をするという風習です。

 

よくニュースで放送されているのを見ると、

桜の木の下にブルーシートを敷いて、

お弁当を広げる家族連れ・お酒を飲んで宴会をしている大人達。

 

という光景を目にします。

 

実は日本各地でお花見の風習がありました。

 

1か所目に紹介するのは「青森県」です。

 

青森県の人達は、

日本の中でお花見が大好きだということがわかりました。

 

お花見にかける時間やお金が日本一らしいです。

 

お花見の時に食べる物は、

シャコトゲクリガニということでした。

 

 

2か所目に紹介するのは「沖縄県」です。

 

沖縄県ではお花見という風習はありません。

 

 

3か所目に紹介するのは「奈良県」です。

 

奈良県にある吉野山では、

お花見をするというよりも桜の花をお供えをするという式があるんです。

 

花供会式(ハナクエシキ)というものがあり、

千本づきでつかれたお餅(モチ)がまかれます。

 

 

お花見の風習って日本だけ?外国では・・・

 

お花見 風習

 

お花見という風習があるのは、

日本だけだと思っていました。

 

日本で最初にお花見の風習が始まったのは、

平安時代からだったようです。

 

お花見の風習は、

日本人の体に染みついたものだったということでしょう。

 

桜がある国って、

何も日本だけじゃありません。

 

というのは日本と仲が良い外国にも、

日本から桜を贈ったということがあります。

 

そのため外国であっても、

桜が植えられているんです。

 

ということはその国でもお花見という風習があったりするのか?

 

という疑問がわいてきました。

アメリカでもお花見という風習があります。

 

ワシントン州には、

100年前に日本から贈られた桜が根付いているんです。

 

毎年春になると桜フェスティバル、

「全米桜(ゼンベイサクラ)まつり」が開催されます。

 

日本で桜の下にブルーシートを敷くという形ではなく、

春の桜の咲く時期に2週間に渡り、

ワシントン州全域で開催されるんです。

 

文章だけで全米桜まつりと言ってもわからないかもしれません。

 

全米桜祭りについてわかる動画を見つけてきましたので、

SPONSORED LINK

どうぞご覧ください。

 

 

 

お花見の風習っていつから?

 

お花見 風習

 

今ではお花見をするのは当たり前になっています。

 

お弁当を持ってブルーシートを敷いて、

そこにお弁当を広げて桜を見ながら食事・・・

それが当たり前だと思っていました。

 

ふと気になったことがあったんです。

 

それは何かというと、

今現在当たり前のようにやっているお花見という風習なんですが、

いつからお花見をするという風習が始まったのかが気になります。

 

お花見の風習が一般的に広まった時代というのは、

江戸時代からだそうです。

 

 

お花見デートスポットは?

 

お花見 風習

 

彼氏がいる女性や彼女がいる男性は、

桜が咲く時期にもデートがしたいでしょう。

 

せっかく綺麗に桜が咲いているんですから、

お花見でデートできるスポットに出掛けるのも良いと思います。

 

でもお花見デートスポットはどこにあるのかわからない・・・

というカップルに紹介します。

 

1か所目のお花見デートスポットは、

「千鳥ヶ淵周辺(チドリガフチシュウヘン)」です。

 

場所的に東京都の半蔵門駅にあります。

 

人気のある場所なので、

カップルで緑道を散歩することができる。

 

ボートも乗ることができるので、

2人だけの時間を楽しむことができそうです。

 

2か所目のお花見デートスポットは、

「上野恩賜公園(ウエノオンシコウエン)」。

 

上野恩賜公園(ウエノオンシコウエン)にある桜は、

江戸時代から名所とされています。

 

それだではなく、

日本さくら名所100選にも入っているんです。

 

3か所目のお花見デートスポットは「目黒川」

 

近くには目黒天空庭園などもあります。

 

4か所目のお花見デートスポットは、

「新宿御苑(シンジュクギョエン)」。

 

5か所目のお花見デートスポットは、

「井の頭恩賜公園(イノガシラオンシコウエン)」です。

 

東京都内にあるお花見デートスポットはこんなにあります。

 

動画の方がわかりやすいと思いますので、

どうぞご覧ください。

 

 

 

まとめ

 

  • 日本各地でのお花見の風習は、
    場所によって違っている
  • お花見という風習が日本だけでなく、
    アメリカでもあった
  • お花見の風習はいつから始まったのか
  • カップルでお花見に出かける、
    デートスポットがある

 

日本といっても全てが同じではなく、

その場所によってお花見の風習が違っています。

 

アメリカではお花見という風習があるんですが、

日本でのやり方とは違うようです。

 

一般的なお花見という風習が広まった時代というのは、

お侍のいる江戸時代から始まりました。

 

カップルでお花見デートも良いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お花見 風習

 

 追 伸 :

最後まで読んでくれて本当えらいです! 今日も明日も楽しい1日を過ごしくださいね。

そしてそんな素敵なあなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように。

いつもこのETBを購読+「いいね!」&「シェア」していただき本当に感謝してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)